ジョーカー(映画)の動画を無料視聴はココ!動画配信サービスならスマホでも視聴できる!

『ジョーカー(映画)』は、都会で大道芸人として暮らしていた孤独な男アーサー・フレックが、やがてその狂気的な悪の存在”ジョーカー”に変貌していく様を描く。

ヒース・レジャー、ジャック・ニコルソン、ジャレット・レト、歴代アカデミー賞俳優が演じてきた悪のカリスマ”ジョーカー”。そのジョーカーにアカデミー賞に3度ノミネートされた実績を持つホアキン・フェニックスが演じる。

今回は、『ジョーカー(映画)』のフル動画を無料視聴する方法をまとめました。

 

 

ズバリ言いますと、【ジョーカー(映画)】は、2020年1月29日からU-NEXTでフル動画を配信をします。

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあり、期間中に解約すれば料金は一切かからないので、安心です。また、解約はいつでも簡単にできます。

 

⇒今スグ【ジョーカー(映画)】をU-NEXTで視聴する場合はコチラをクリック

 

【U-NEXTのおすすめポイント】
・映像14万本以上が見放題
・人気雑誌の最新号が読み放題!
・最新の映画・ブックが楽しめる
・映画チケットと交換できる
・毎月1,200ポイントがもらえる!
・登録・解約が簡単!

 

【ジョーカー(映画)】を視聴するならU-NEXTがオススメ!

 

U-NEXTとは・・・国内最大級の14万本以上(※2019年1月時点)の動画コンテンツを提供する月額制の動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメ作品・雑誌・電子書籍などが盛り沢山です。

 

オススメなのがU-NEXT【31日間無料トライアル】を利用して視聴する方法です。

 

U-NEXTで映画『ジョーカー(映画)』を単品購入すると、440円です。【31日間無料トライアル】に登録すると、600円分のU-NEXTポイントが貰えますので、このポイントで【ジョーカー(映画)】を無料視聴することができます。また、それ以外の見放題作品(14万本以上)も31日間無料で視聴可能。

 

お試し期間ですので、期間中に解約すれば、料金は一切かからないので、安心です。また、解約はいつでも簡単にできます。

 

以上の理由から当ブログでは、U-NEXTをオススメします。

 

⇒【ジョーカー(映画)】を視聴する場合はコチラをクリック
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

 

U-NEXTにはメリットがいっぱい!

 

【対象作品が見放題!】

 

U-NEXTで配信中の最近の国内ドラマはコチラ
・孤独のグルメ Season8(松重豊主演・2019年秋)
・おっさんずラブ-in the sky-(田中圭主演・2019年秋)
・まだ結婚できない男(阿部寛主演・2019年秋)
・時効警察はじめました(オダギリジョー、麻生久美子主演・2019年秋)
・ブラック校則(佐藤勝利、髙橋海人主演・2019年秋)
・ドクターX ~外科医・大門未知子~(米倉涼子主演・2019年秋)
・相棒 season18(水谷豊主演・2019年秋)
・科捜研の女 season19(沢口靖子主演・2019年秋)
・ハル ~総合商社の女~(中谷美紀主演・2019年秋)
・Re:フォロワー(西銘駿、塩野瑛久主演・2019年秋)
・あおざくら 防衛大学校物語(本郷奏多主演・2019年秋)

 

【日本最大級の配信本数・多彩なジャンル】

 

他の動画配信サービスと比べても、配信本数が多い所がいいわね。

 

【最新作もすぐに見られる!】

 

レンタルDVDショップで最新作レンタルすると1本400円くらいするから毎月複数本借りる人には、オススメ!

 

【TV放送中アニメも見放題配信多数!】

 

鬼滅の刃、僕のヒーローアカデミア、七つの大罪などの人気アニメも見放題はうれしいわ!

 

【韓流ドラマが超充実!】

 

韓流ドラマといえば、配信数の多いU-NEXTに決まりね。

 

【動画以外にも、電子コミックも人気!】

 

毎月、余ったポイントで電子コミックを購入しています。お気に入りはやっぱり「キングダム」。

 

【成人向け動画も超充実!】

 

成人向けDVDをレンタルショップで借りるのは、恥ずかしいから助かるわ。

 

【70誌以上の雑誌も読み放題!】

 

毎月、雑誌を数冊買う人ならU-NEXTをオススメするわ。

 

読み放題の雑誌はコチラをクリック

女性ファッション誌

  • 「Seventeen(セブンティーン)」集英社
  • 「eclat(エクラ)」集英社
  • 「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」ハースト婦人画報社
  • 「25ans(ヴァンサンカン)」ハースト婦人画報社
  • 「VOGUE JAPAN (ヴォーグ ジャパン) 」コンデナスト・ジャパン
  • 「MORE(モア)」集英社
  • 「SPUR (シュプール)」集英社
  • 「Ray(レイ)」主婦の友社
  • 「mina(ミーナ)」主婦の友社
  • 「Harper’s BAZAAR (ハーパーズ・バザー) 」ハースト婦人画報社
  • 「non・no(ノンノ)」集英社
  • 「mer(メル)」学研プラス
  • 「BAILA(バイラ)」集英社
  • 「Scawaii !(エスカワイイ)おしゃれ顔DIY」主婦の友社
  • 「marisol(マリソル)」集英社
  • 「LEE(リー)」集英社
女性ライフスタイル誌
  • 「家庭画報」世界文化社
  • 「ゆうゆう」主婦の友社
  • 「婦人画報」ハースト婦人画報社
  • 「Richesse(リシェス)」ハースト婦人画報社
  • 「MAQUIA(マキア)」集英社
  • 「美しいキモノ」ハースト婦人画報社
  • 「OZmagazine(オズマガジン)」スターツ出版
  • 「ELLE DÉCOR(エルデコ)」ハースト婦人画報社
  • 「Pre-mo(プレモ)」主婦の友社
  • 「モダンリビング(MODERN LIVING)」ハースト婦人画報社
  • 「Baby-mo(ベビモ)」主婦の友社
  • 「25ans Wedding ヴァンサンカンウエディング」ハースト婦人画報社
  • 「ELLE mariage(エル・マリアージュ)」ハースト婦人画報社
男性ファッション誌
  • 「GO OUT(ゴーアウト)」三栄書房
  • 「MEN’S CLUB(メンズクラブ)」ハースト婦人画報社
  • 「UOMO(ウオモ)」集英社
  • 「GQ JAPAN(ジーキュージャパン)」コンデナスト・ジャパン
  • 「2nd(セカンド)」エイ出版社
  • 「Begin(ビギン)」世界文化社
  • 「MEN’S NON-NO(メンズノンノ)」集英社
  • 「MEN’S EX(メンズイーエックス)」世界文化社
男性ライフスタイル誌
  • 「デモノステーション」エムオン・エンタテインメント
  • 「男の隠れ家」三栄
  • 「GetNavi(ゲットナビ)」学研プラス
  • 「WATCH NAVI(ウォッチナビ)」学研プラス
  • 「月刊GoodsPress(グッズプレス)」徳間書店
  • 「Lightning(ライトニング)」エイ出版社
ニュース・週刊誌
  • 「週刊プレイボーイ/週プレ」集英社
  • 「週刊女性」主婦と生活社
  • 「週刊アサヒ芸能 (ライト版)」徳間書店
  • 「サイゾー」サイゾー
ビジネス・IT誌
  • 「日経トレンディ(TRENDY)」日経BP社
  • 「週刊東洋経済」 東洋経済新報社
  • 「Mac Fan(マックファン)」マイナビ出版
  • 「Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)」atomixmedia
  • 「日経PC21」日経BP社
  • 「flick!(フリック)」エイ出版社
  • 「Web Designing(ウェブデザイニング)」マイナビ出版
グルメ・トラベル誌
  • 「東京カレンダー」東京カレンダー
  • 「ぴあファミリー 子供と遊ぼう 首都圏版」ぴあ
  • 「食楽(しょくらく)」徳間書店
  • 「ワイン王国別冊 ビール王国」ワイン王国
  • 「ハワイスタイル」エイ出版社
  • 「ワイン王国」ワイン王国
  • 「ELLE gourmet(エル・グルメ)」ハースト婦人画報社
エンタメ・趣味誌
  • 「週刊Gallop(ギャロップ)」サンケイスポーツ
  • 「ぴあ Movie Special 」ぴあ
  • 「つり人」つり人社
  • 「韓流ぴあ」ぴあ
  • 「SCREEN (スクリーン)」近代映画社
  • 「CAPA(キャパ)」学研プラス
  • 「HiVi(ハイヴィ)」ステレオサウンド
スポーツ・車誌
  • 「RIDERS CLUB(ライダースクラブ) 」エイ出版社
  • 「サッカーダイジェスト」日本スポーツ企画出版社
  • 「GENROQ(ゲンロク)」三栄
  • 「ル・ボラン (LE VOLANT)」ネコ・パブリッシング
  • 「BiCYCLE CLUB (バイシクルクラブ)」エイ出版社
  • 「ALBA(アルバトロスビュー)」ALBA
  • 「WORLD SOCCER DIGEST(ワールドサッカーダイジェスト)」日本スポーツ企画出版社
  • 「EVEN(イーブン)」エイ出版社
  • 「SLUGGER(スラッガー)」日本スポーツ企画出版社
  • 「RUN+TRAIL(ランプラストレイル)」三栄

 

【どこでも、いつでも楽しめる!マルチデバイス対応!】

 

動画配信サービスの良い所は、いつでもスマホで視聴できる所だね。暇つぶしにもってこい。

 

【最大4台の機器で同時視聴可能!】

 

ウチは家族4人でU-NEXT使ってます。一人500円ですむから家計にもやさしいわ。

 

【映画チケットを割引で購入できる!】

U-NEXTポイントを利用して、映画引換クーポンの発行や映画チケットの購入ができます。

イオンシネマ、松竹マルチプレックスシアターズ、なんばパークスシネマ、大阪ステーションシティシネマ、ユナイテッド・シネマ、109シネマズ、オンラインチケット予約「KINEZO」、全国のT・ジョイ、新宿バルト9、横浜ブルク13、梅田ブルク7、広島バルト11、鹿児島ミッテ10、こうのすシネマ

 

映画好きの私にには、この特典は嬉しいね!

 

このようにU-NEXTにはメリットがたくさんありますが、初回登録後、31日間の無料トライアル期間があり、無料期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単なので、ぜひお試しください。

 

⇒【ジョーカー(映画)】を視聴する場合はコチラをクリック
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2020年1月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

 

PandoraやDailymotionは危険?

 

動画共有サイト(PandoraDailymotionなど)でも、『ジョーカー(映画)』が視聴できるかもしれません。

「PandoraDailymotionなど動画共有サイト自体は違法ではありません!」

しかし、PandoraやDailymotionなどにアップされている日本のドラマやテレビ番組は、違法にアップロードされたものです。

また、下記のデメリットがあります。

・画質、音質が悪い
・広告が多い
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見るのは難しい
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

とリスクやストレス感じる場合が多いでしょう。これらのサイトを利用する場合は、自己責任でご視聴ください。

 

安全で、ストレスなくフル動画の『ジョーカー(映画)』を視聴するなら、公式サービスであるU-NEXTをおすすめします。

 

⇒【ジョーカー(映画)】を視聴する場合はコチラをクリック
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

 

「ジョーカー(映画)」のあらすじ

 

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気溢れる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?切なくも衝撃の真実が明かされる!

 

「ジョーカー(映画)」のキャスト

アーサー・フレック / ジョーカー(ホアキン・フェニックス)
精神的な問題や貧困に苦しみながらも、スタンダップコメディアンを目指している道化師。認知症気味の母の面倒を見る心優しい男だったが、自身の辛い境遇から精神のバランスを崩し、次第に常軌を逸した行動を取っていく。感情が高ぶると、自分の意思に関係なく突然笑いだしてしまう病気を患っており、また妄想と現実の区別もつかなくなってきている。

マレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)
人気トーク番組「マレー・フランクリン・ショー」の司会者。アーサーが憧れている。

ソフィー・デュモンド(ザジー・ビーツ)
アーサーと同じアパートに住むシングルマザーの女性。

ペニー・フレック(フランセス・コンロイ)
アーサーの母親。認知症気味で体が不自由。若い頃はゴッサム随一の大富豪のウェイン家にメイドとして仕えていた。

トーマス・ウェイン(ブレット・カレン)
ゴッサムシティの名士。政界に進出し市議会議員となるが、医療制度の解体を推し進めたことで困窮する貧困層からバッシングを受けている。

ギャリティ刑事(ビル・キャンプ)
ゴッサム市警の刑事。

バーク刑事(シェー・ウィガム)
ゴッサム市警の刑事。

ランドル(グレン・フレシュラー)
アーサーの同僚の道化師。

ゲイリー(リー・ギル)
アーサーの同僚の道化師。小人症で他の同僚に身長をネタにからかわれる。原作ではジョーカーのずっと昔の相棒ギャギーというヴィランが元となっている。

ジーン・アフランド(マーク・マロン)
「マレー・フランクリン・ショー」のプロデューサー。

アルフレッド・ペニーワース(ダグラス・ホッジ)
トーマス・ウェインの執事。

ブルース・ウェイン(ダンテ・ペレイラ=オルソン)
トーマス・ウェインの息子。この映画の原典である『バットマン』における主人公。両親を目の前で失った悲しみから、成長後、蝙蝠のコスチュームを纏って犯罪者に立ち向かうクライムファイターとなり、ジョーカーと対決する。

 

「ジョーカー(映画)」の感想は?

 

「ダークナイト」の演技により28歳でアカデミー助演男優賞を受賞したヒース・レジャーを超えるジョーカーは出ないと思っていました。

ホアキン・フェニックスは昔から好きな俳優でした。一時「俳優活動は疲れた」と引退発言もありました。兄リバーのこともあります…
「グラディエイター」も良かったですが45歳にしてやってくれました。圧巻の演技!

 

最近よくニュースなどで悲しい事件が流れてそれを見た人々が「考えられない、周りに迷惑をかけるな」と言っているのをよく見ますよね。でも私は心の中で(きっと彼らは生まれてその日に至るまで普通とはかけ離れた苦しい人生を送ってきたのだろう、私たちが美味しいご飯を食べぐっすり眠っている時に彼らは日々苦しみ痛みに耐え震えながら眠っていたのだろうと、そんな苦しい日々を何年も続けている内に正常な思考を保てなくなり犯罪を犯してしまうのだろう)と考えてしまいます。
アーサーのように善人が環境によって犯罪者になってしまうのを見て分かる通り絶対的に100%の悪は存在しなくて、悪は連鎖的に人から人へ移っていくのだと考えると、この世で一番最初に生まれた悪とはいったい何なのか?と考えてしまいます。

 

映画館に20回も通ったのはもちろん生まれて初めてでした。
それくらい「ジョーカー」はのめり込んで戻れなくなる威力のある映画です。自分の抱える悩みや境遇に合致してしまうと、深く共感してしまって毎日のようにアーサーのことを考えたり、善と悪や社会の中でのアイデンティティーの確立など、もやもやとした考えに囚われてしまうかもしれません。私は「ジョーカー」を観てタバコを覚え(笑)、円盤化を楽しみにして時間が経つのを待っております。万人に勧めていいものかわかりませんし、成熟するまでお子さんに観せるのはNGだと思います。これは大人の映画です。

 

身体的な不気味さと、精神の平衡を崩していくアーサ-を演じ切ったホアキン・フェニックスが見事です。そして何より、アーサーが地下鉄で殺人を犯すシーン、ピエロの仲間を刺殺した時に白い顔に真っ赤な血が飛ぶシーン、覚醒したジョーカーとして階段で踊るシーンなど、映像が圧倒的に美しい。また、アーサーの妄想なのか、現実なのかを映画全体で観客を揺さぶる演出も素晴らしいと思います。傑作です。

 

ヴィラン映画だが主人公だからと、わざとらしく主人公をフォローせず、配慮した演出もない。鬱屈した陰鬱な救いのない中で、ハッピーエンドにすら思えてくるラスト。究極のヴィラン映画、悪役映画だと思う。これを作るために妥協しなかった監督と制作人に拍手。圧倒的な演技力なホアキン・フェニックスを見事にフォローして演出した監督と制作人に拍手。映画史に残る名演をしたホアキン ・フェニックスに拍手。狂気に堕ちた人間を演じるとはどういう事かを、凄まじい演技力で表現していると感じた。見ないなんて選択肢はなかった。

 

ストーリーはマジで笑えない最低の喜劇です。それも、自分の人生を観ているかのように感じる人が間違いなく存在するという最高に笑えないジョークな内容です。そんな作品の主役と作品名がJOKERという、この世で一番笑えないJOKEな作品。量産型のCGヒーローに飽きた貴方にオススメします。この最高に最低な喜劇を。

 

 

まとめ

 

以上、【ジョーカー(映画)】のフル動画を無料視聴する方法をご紹介しました。

 

・映像14万本以上が見放題
・人気雑誌の最新号が読み放題!
・最新の映画・ブックが楽しめる
・映画チケットと交換できる
・毎月1,200ポイントがもらえる!

 

31日間の無料トライアル期間があり、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単なので、ぜひお試しください。

 

⇒【ジョーカー(映画)】を視聴する場合はコチラをクリック
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

 

本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

 

コメント