まだ結婚できない男3話のあらすじや感想!

『まだ結婚できない男 3話』ではいよいよパグ犬が登場!パグ犬の演技が楽しみです。『まだ結婚できない男 3話』のあらすじと感想を書いてみました。

 

 

『まだ結婚できない男 3話』のあらすじ

 

桑野(阿部寛)は、隣人・女優の早紀(深川麻衣)の部屋から、わずかに聞こえる声に耳を傾けていた。

 

早紀が女優で芝居の稽古をしていることに気がつきながらも、桑野はおちょくるつもりで「隣人が殺人計画を立てているのを聞いてしまった」と、まどか(吉田羊)に相談する。

 

驚いたまどかは、顔馴染みの刑事に相談を持ちかけるが、桑野が自分をおちょくっていたこと判明し腹を立てる。

 

そうこうしているうちに、桑野とまどかは、早紀に出くわすと、タツオ(パグ犬)がいなくなった事を知る。

 

パグのことが気になって仕方のない桑野は、まどか達と一緒に探しまわる。

 

桑野がようやくタツオを発見。「タツオ!」と呼びかけても応じないので、桑野は何気なく「ケン!」と呼びかけるのだった。

 

タツオは振り返り、お互いは見つめ合うのであった…。

 

それから数日後、桑野は夜道でタツオを散歩させている早紀に出くわす。

 

するとそこへ、早紀の元彼で、人気俳優の野村信吾(平田雄也)がヨリを戻したいと姿を見せた。

 

桑野と早紀はとっさに付き合っているふりをして、執拗に迫る野村を追い払うが、後日、3人が言い争いしている写真が週刊誌に記事となってしまう。

 

予想外の桑野の週刊誌のスクープ記事に、周囲は大盛り上がり。

 

英治(塚本高史)や詩織(奈緒)、圭子(三浦理恵子)らの矢継ぎ早に質問に我慢できなくなった桑野は、「肖像権の侵害」だと、まどかにアドバイスを求めるものの「訴えたところで勝ち目はない」とスルーされるのだった・・・。

 

 

『まだ結婚できない男 3話』の感想

 

ベランダの避難壁のすき間から出てきたパグのタツオを見つめる桑野の図に笑った。

 

前作のケンの演技力もすごかったけど、今回のタツオも上手。同じ動物プロなのかな?表情がとても雄弁で、今回のキャストで一番演技力あるんじゃないかと思う。

 

 

金田が登場!

 

3話の桑野がダイエットマシーン?に乗っているシーンで、机の上に2冊の本がある。上の本を取ると「田舎で暮らしてわかった100のこと」という本が置いてある。

 

その本の著者は「金田博之」

 

実は、1話で金田から小包で受け取っていた書籍が「田舎で暮らしてわかった100のこと」という本なのだろう。

 

2話でも桑野の事務所の黒板に、「10月17日(木)金田氏と会食」と書いてあった。

 

今作では、金田の出演はないものの、桑野と金田の交流が続いているとわかって安心した。

 

毎話、「隠れ金田」が出てくるんじゃないかな。

 

 

桑野が通うジムにおじさん(デビット伊東)が登場。

 

ランニングマシンで張り合う2人。今作で金田の代わりになるのかな?4話にも出演するみたいだけど。

 

「もしかして、やっくん?」

 

3話では、やっくんは、海外の業者を経由して日本のプロバイダにアクセスしてブログを書いていることが判明。

 

身元が簡単にわからないようにしているため、インターネットに詳しい人物ことになる。

 

 

桑野の名言が深い!

 

女優として自信を失う早紀に「簡単に夢を捨てられるくらいだったら辞めたほうがいい。どんな仕事にだって必ず辞めたいというときが来る。でも、そこで踏みとどまれたらそれこそ本当の第一歩なんだ。」と叱咤激励する桑野。

 

桑野の本音であり実際の経験談だろうね。あの性格だから、まどかに「桑野さんを見直した」と言われて、照れ隠しではぐらかしたんじゃないかな。

 

 

それより、タツオを見つけたシーンで、まどか(吉田羊)が着ていたブルーのニットが後ろ前になっているのが気になった。

 

スタイリストいないのか?改めて見ると恥かしい。

 

 

 

 

 

 

コメント