シャーロック(月9)1話のあらすじと感想をまとめてみた

令和の東京に舞台を置き換えてドラマ化する月9ドラマ『シャーロック』。海外の古典原作の『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』に続き、3作目となるアーサー・コナン・ドイルの名作。原作のシャーロックに当たる役はディーン・フジオカ(誉獅子雄)、と相棒・ワトソンは、岩田剛典(若宮潤一)が演じるという。今回は、『シャーロック 1話』のあらすじや感想を書いてみました。

 

 

シャーロック1話のあらすじ

 

 

犯罪捜査専門のコンサルタントの誉獅子雄(ディーンフジオカ)はイケメンで頭も良い。

 

警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)から特別に頼まれて、解決困難な事件の捜査を引き受けているという。

 

難事件の解明が生きがいで「罪と悪」に興味があるという一風変わった人物。そんな獅子雄にとって、運命を決定づける出会いを果たす事件が始まる。

 

 

都内の、某病院の屋上からある一人の医師が不可解な転落死する事件が起きる。亡くなったのは、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)という勤務医。

 

第一発見者の看護師・水野麻里(松井玲奈)が、赤羽の助けを求める声を聞いていたことで、誰かに突き落とされたことが疑いをもたれる。

 

江藤たち警察は病院関係者を集めて事情聴取を始めた。 警察に通報した警備員の石井太(木下ほうか)が、やはり赤羽の声を聞いて現場にすぐに駆けつけたと話すと、不意に、白衣を着た男が「嘘つけ!」と遮る。

 

白衣を着た男は、麻里と石井の発言の食い違いを次から次へと論破していき、周囲は言葉を失くす。

 

この男こそが、獅子雄だった。

 

そして、獅子雄は、怪しげな動きをする精神科医の若宮潤一(岩田剛典)にしっかりと注意を向ける…。果たして、若宮という男はどんな人物なのかだろうか?

 

もうすぐ獅子雄によって、この事件の隠されていた悲惨な事実が解明されようとしているのであった。

 

 

シャーロック1話の感想

 

シャーロックホームズのリメイク?

 

今作『シャーロック』は、『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(18年4月)、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(19年1月)に続き、古典原作の3作目。

 

『モンテクリスト伯』は視聴率は良くなかったけど、ディーンの胡散臭さが逆にいい感じにマッチして良いいドラマだったと思う。

 

3作品のプロデュサーを務める太田大氏によると、『ディーン・フジオカありき』の企画だという。

「いろんな国で活躍されてきたというのもあって、出身やルーツをあまり感じさせないですよね。そういう面で、ドラマで海外の古典原作を真ん中でやれる方は他にいらっしゃらないと思ったんです」

とコメントしている。

 

主役シャーロックに相当するディーン・フジオカ(誉獅子雄役)の独特の存在感や雰囲気は嫌いじゃないからいいとして、ワトソン役の岩ちゃん(若宮潤一役)は微妙だね。フェデルコ的にはもう少し個性的な俳優の方が良かった。

 

岩ちゃんも演技は以前に比べると、上手くなったけどイマイチかな。

 

 

「俺に指図するな!」

 

指図されるのが嫌いなのにディーンの言うことを素直に聞く佐々木蔵之介が笑える。

 

シャーロックに事件の捜査依頼をする無能なレストレード警部にあたる佐々木蔵之介(江藤礼二役)は、さすがにどんな役でもこなす。

 

 

赤羽の妻役・松本まりかの演技

 

1話の中で赤羽の妻・汀子役を演じた松本まりかの起伏の激しい演技、ますます磨きがかかって1番良かった。

 

「ホリデイラブ」での魔性の女役の怪演で注目されたてたけど、正直、配役で犯人がわかっちゃうパターン。1話のゲストが松本まりか知り、絶対こうなると思ってたけど案の定だった。

 

それくらい見え見えの展開だったけど、それでもやっぱり松本まりかはヒール役はいい!

 

ディーンが「奥さんは指一本触れてない」と庇ったように見せて、自殺教唆罪と死体遺棄の共犯関係も成立するだろうって言った後の「え、ちょっと待って?わたし子供がいるのよ?」と最後まで見逃してもらおうとする演出にはゾクゾクした。

 

 

バターとパセリの謎

 

亡くなった赤羽の胃の中にはバターとパセリだけが残されていた。

 

中尾明慶(赤羽役)は最後に愛する妻と娘に一目会うために駅前のファミレスに行き、娘と食事する中尾明慶の笑顔がせつなかった。

 

自ら命を絶つ前に愛する娘と食事なんて悲しすぎる。

 

3人が注文したメニューは居酒屋定食1、お子様ランチ1、ドリンクバー3。

 

中尾明慶は、ドリンクしか飲んでおらず、娘の嫌いなパセリを代わりに食べてあげたのだった。バターとパセリの謎が分かった時の悲しい結末には泣けたな。

 

「おい嫁っ!居酒屋定食って何だよ!よく喰えるなっ!」

 

と心のなかで叫んだフェデリコだった。

 

 

最後に

 

バイオリンでパトカーのサイレンの音真似をするなんて画期的だったわ。本当に弾いていたのかな?

 

1話はシャーロックとワトソンの出会いを描いているから正直こんなものかなという感じだった。『モンテ・クリスト伯』の時もだんだん病みつきになってハマってしまったので、今後が楽しみ。

 

シャーロックの宿敵・モリアーティ教授を演じる俳優は誰なんだろうか。

 

 

コメント