テレビ番組

田丸雅智(たまるまさとも)の代表作は?試し読みする方法や感想は?【情熱大陸】

4月26日放送の「情熱大陸」に、ショートショート作家・田丸雅智(たまるまさとも)が出演します。今回は、田丸雅智の代表作を試し読みする方法や感想をまとめました。

 

田丸雅智の代表作は?

リコ
田丸雅智の代表作はどの作品かしら?
フェデリコ
やっぱり代表作は、「梅酒」でしょう。

 

「梅酒」は、2012年3月には、江坂遊が選考委員の「樹立社ショートショートコンテスト」で最優秀賞を受賞しています。

また、2016年には、短編映画化(ピース・又吉直樹主演)され、カンヌ国際映画祭など多数の映画祭で上映されています。

 

田丸雅智のショートショートを試し読みする方法は?

 

の作品は世界最大級の電子書籍/コミックの品揃えを誇る「ebookjapan」にて、試し読みすることができます。

 

・ショートショートガーデン プチコン受賞作品集 「新生活」

・ショートショートガーデン プチコン受賞作品集 「海」

・ショートショートガーデン プチコン受賞作品集 「花」

の3作品につきましては、無料で読むことができます。

 

フェデリコ
ちなみに代表作の「梅酒」は、【海色の壜】に収録されています。

 

田丸雅智の作品は、コチラ

今スグ「ebookjapan」で試し読みする

※公式サイトへ

 

田丸雅智の【海色の壜】の感想は?

 

「ショートショート千夜一夜」と同様な不思議な世界を楽しむことができました。
この世界は、どんなところから作り上げられたのだろうと読み終わり、あとがきを読んで『なるほど』と思いました。
ずっと心待ちにしていた『夢巻』に続く第二弾。全作品楽しめましたが、「壁画の人々」はブラックユーモアもあり、超お気に入りの作品です。
田丸さんの描く世界観は、不思議で、新しい。
それでいてなんだか懐かしくて居心地が良い。
良質の短編小説にはなかなか出会えませんが、この超短編小説集は、サッと読めて奥の深い作品ばかりで楽しめました。

 

田丸雅智の経歴は?

 

1987年愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載され作家デビュー。

2012年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。

「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭などで上映された。

全国各地で「ショートショートの書き方講座」を開催するなど幅広く活動している。

 

田丸雅智の文章講座とは?

 

「ショートショートの書き方講座」は、2017年から更生に活かしてもらうために少年院でも開催しているほか、イノベーションを生むためのワークショップとして企業などでも行われています。

また2020年度から使用される小学校4年生の国語教科書(教育出版)にも採用。

雙葉中学校入試問題(平成29年度 国語)など、入試問題や模擬試験での採用も多い。

 

田丸雅智出演の情熱大陸

 

「情熱大陸」では、小学生をターゲットにした新刊の執筆シーンを取材します。

自宅のリビングで愛猫の様子をうかがいながら、読み手がハッとするようなアイデアを練るユーモラスな姿が映し出されるというから貴重ですね。

 

若くて有望。
星新一さんを越える作家になってほしいな。
夢巻から愛読してます。早くも情熱大陸に登場されるんですね
楽しみです。
自分より若い人でびっくりした。

 

 

まとめ

以上、「田丸雅智(たまるまさとも)の代表作は?試し読みする方法や感想は?」でした。

 

まとめると

・代表作は、「梅酒」

・試し読みは、【ebookjapan】で可能。

 

今スグ田丸雅智の作品を「ebookjapan」で試し読みする
公式サイトへ

 

 

-テレビ番組

© 2020 フェデリコの部屋 Powered by AFFINGER5